Wednesday, December 28, 2011

Sexless Japan


Story for The Guardian with missing grafs:


Are a new generation of Japanese men really losing interest in sex? And if so, what's behind the malaise?



It's not easy being a young man in Japan today. Every few months sees the release of a new set of stats and stories trumpeting the same meme: today's Japanese men are unmanly – and worse, they don't seem bothered by it.

Tagged in the domestic media over the past few years as hikikomori (socially withdrawn boys), soshoku danshi (grass-eating/herbivore men, uninterested in meat, fleshly sex and physical or workplace competition), or just generally feckless, Japan's Y-chromosomed youth today elicit shrugs of "why?", followed by sighs of disappointment from their postwar elders and members of the opposite sex. With the country's economy stagnant at best, its geopolitical foothold rapidly slipping into the crevice between China and the United States, and its northeast coastline still struggling with the aftermath of disaster and an ongoing nuclear crisis, the reaction to a failure of Japan's men to take the reins, even symbolically, has evolved from whispers of curiosity to charges of incompetence.

In the most recent government study, published at the end of last month, the percentage of unmarried men spiked 9.2 points from five years ago. More telling: 61% of those unwed men reported not having a girlfriend, and 45% said they couldn't care less about finding one.

What gives? As anyone who has watched Japanese or Korean pop videos knows, the popular image of men in Asia, seen from a western perspective, is more effeminate than macho, rife with makeup, stylised hairdos and choreographed dance steps. Even so-called punks in Japan lean more to Vivienne Westwood than Malcolm McLaren – more familiar with fashion spreads than the spitting in the street.

And yet Japan was rebuilt from the ashes of the second world war into an economic and technological powerhouse with historically unprecedented speed on the backs of labourers, mainly men, laying the rails of the nation's astonishing bullet train, for example.

Why the generational malaise and indifference to sex? 


Theories abound. The most provocative to me, a Japanese-American and longtime Tokyo resident, is that Japanese women have become stronger socially and economically at the very same time that Japanese men have become more mole-ish and fully absorbed in virtual worlds, satiated by the very technological wizardry their fore bears foisted upon them, and even preferring it to reality


"I don't like real women," one bloke superciliously sniffed on Japan's 2channel, the world's largest and most active internet bulletin board site. "They're too picky nowadays. I'd much rather have a virtual girlfriend."

Virtual girlfriends became a sensation last summer, when Japanese game-maker Konami released its second-generation of its popular Love Plus, called, aptly, Love Plus +, for the Nintendo DS gaming system. Konami skillfully arranged for an otherwise deadbeat beach resort town called Atami to host a Love Plus + holiday weekend. Players were invited to tote their virtual girlfriends, via the gaming console, to the actual resort town to cavort for a weekend in romantic bliss. The promotion was absurdly successful, with local resort operators reporting that it was their best weekend in decades.

I tried to explain the phenomenon via a TV interview for a US cable station: the men who spent their yen on a weekend of romance with a digital lover were a subset of a subculture many times removed from mainstream Japan. They are known as otaku, or hyper-obsessive and often asocial men who seek solace in imaginary worlds (not unlike many artists and writers, I should add). Nevertheless, these were clearly young Japanese men of a generation that found the imperfect or just unexpected demands of real-world relationships with women less enticing than the lure of the virtual libido. You can't have sex with a digital graphic, but you can get sexually excited, and maybe satisfied, by one.

Of course, the insertion of the male libido into virtual domains is neither new nor strictly Japanese.  

In 2004, American feminist writer Naomi Wolf wrote in New York magazine that “the onslaught of [Internet] porn is responsible for deadening male libido in relation to real women, and leading men to see fewer and fewer women as ‘porn-worthy.’” Earlier this year, the same magazine, in a story titled, “He’s Just Not That Into Anyone,” voiced the concerns of a young American man who discovered that he was faking orgasms with real women, largely because they were less satisfying than online offerings.

And earlier this month, the tanking marriage rate in the US cast the entire institution into question--especially for men with receding incentives.

The phrase "herbivore men" was coined by a female Japanese journalist in 2006. By 2009, the Japanese male's lack of ambition, sexual or otherwise, had become a media meme. With the latest reports in Japan, of men who can't get it up for real women who won't get married or have kids, the mutual gender-chill phenomenon has become mainstream. It may be the future, but is it really Japanese?

"Maybe we're just advanced human beings," says a Japanese friend of mine who won't let me use her real name over dinner last week in Tokyo. She is an attractive, 40-something editor at one of Japan's premier fashion magazines, and she is still single. "Maybe," she adds, "we've learned how to service ourselves."

Thursday, December 22, 2011

L'Arc~en~Ciel go global in 2012--via anime

Last column for the Yomiuri in 2011:


SOFT POWER HARD TRUTHS / L'Arc-en-Ciel blaze a global anime music trail

On my way into Kyocera Osaka Dome earlier this month, I passed a handful of young people of both sexes sporting dreadlocks, blousy shirts and kabuki-style white makeup. They were cosplaying as hyde, the coy lead singer of L'Arc~en~Ciel, the Japanese rock superstars who were about to go onstage.
I felt like I might have been at an anime convention in the United States--there were also a few women dressed as maids--but this was a rock concert first and a cosplay blowout second.

L'Arc~en~Ciel are now entering their 20th year of record-busting CD sales and sold-out concerts. I watched them perform two shows, with 40,000 seats both nights going at 9,000 yen a pop. The events were expertly paced and ludicrously high-tech--what you'd expect from a Japanese production that mixes carefully planned moments of seeming candor with expert efficiency.

Vocalist hyde live in Osaka
"In the beginning, L'Arc's music was associated with anime," manager Masahiro Oishi told me in a backstage interview. "But through experiencing their music directly, fans in several countries gradually came to recognize the band's worth based on its music alone. They have become genuine fans of L'Arc's music, whether or not they like anime."

J-pop and J-rock's connection to anime has long been both a burden and an opportunity. In the 1970s and 80s, anime soundtracks were heavily localized to attract American viewers, just as the anime narratives were butchered to fit expectations shaped by Hollywood and television.

But in the late 90s and early 2000s, the Internet connected global fans to Japanese creators with an immediacy that transcended distance. An edited Pokemon or Naruto episode was no longer acceptable. And original songs, written and sung by Japanese artists, were prized as a sign of authenticity.

American fans who knew no Japanese could still sing along with songs written and sung by Japanese bands like L'Arc.

L'Arc saw an opportunity in 2004 and had themselves booked at Otakon, the largest anime convention on the East Coast, for a live show at Baltimore's 1st Mariner Arena. The venue's 12,000 seats sold fast. Enthusiasm for the pairing of Japanese rock and anime was infectious.

"Nobody had tried anything like this [in the United States] before, certainly not on that scale," Otakon director Jim Vowles said. "But the announcement triggered a weeklong wave of Internet buzz, including buzz in Japan. And the show itself was fantastic and over-the-top, a real once-in-a-lifetime event. The reaction was overwhelmingly positive. People are still talking about that gig, almost a decade later."

Meanwhile, Japan's pop culture industries are facing an unpleasant but unavoidable truth: Growth at home is no longer possible. A chronically low birthrate and unstable economy guarantee that. And competition from South Korea and China is making Japanese pop culture producers increasingly antsy about their futures.

"Even before the global media started picking up on the band," Oishi noted, "the number of our visitors on YouTube went over several million, and the Facebook fansites of each region grew bigger. We are now receiving numerous requests for live concerts directly from foreign fans. There is no way for us to not do it now."

L'Arc~en~Ciel backstage at Kyocera Osaka Dome, Dec. 4
L'Arc released two singles this fall and winter, the hard-driving "Chase" and the infectious "X X X (Kiss Kiss Kiss)," and they are currently finishing a new studio album. Next year, they will embark on their first world tour, with stops in Europe, the United States and Asia.

Their song "Good Luck My Way" is featured on the soundtrack of the latest Fullmetal Alchemist anime film, "The Sacred Star of Milos," which will be screened across North America courtesy of veteran US distributor Funimation next month.

"We don't make any distinction between our otaku fans and our rock fans," hyde tells me. "We want them both, and we want to make them happy. I love Evangelion, but I also love Depeche Mode and Duran Duran."

Other band members cite Pink Floyd, Jeff Buckley and Motley Crue drummer Tommy Lee as critical influences. In short, they offer a smorgasbord of Western influences, served up Japanese-style, with genuine spasms of talent.

But is that enough to tie together the West's rock and anime audiences in competitive markets like New York and London? We'll likely learn in 2012. Bassist tetsuya, a founding member, thinks the band has something unique to offer.

"We do the best show we can each time out, whether the venue is in Japan or elsewhere. We may not be able to do the same show with the same resources in the U.S. and Europe, but performance-wise, we'll make every show special."

And Otakon's Vowles believes that Japanese bands can succeed overseas--especially if they honor anime fans.

"Ever since that show in 2004, the bar has been raised considerably for fandom, and while there have been some awesome moments since, it remains a high point in our history," he says. "For Otakon, it made music a major element in our event going forward, and that had ripple effects throughout the anime convention world."
===
Kelts, a visiting scholar at the University of  Tokyo, is the author of Japanamerica: How Japanese Pop Culture has Invaded the U.S. and the forthcoming novel, "Access."

Monday, December 19, 2011

Another England

Heading 'home' to another England--new and old.

Season's Greets.





Saturday, December 17, 2011

On US Anime Cons for JP Foundation's WOCHI KOCHI

Yumiko Sakuma nails the scene:


進化するコスプレ、マンガとアニメが世界を席巻する

ローランド・ケルツ
トマ・シルデ
マーク・ペレス
福岡俊弘


 今、海外のアニメ・コンベンションが、猛烈な勢いで人気を増している。
アメリカでは年間に200以上のコンベンションが開催され、ヨーロッパでも2000年にパリで初めて開催された<ジャパン・エキスポ>を筆頭に、東西南北に広がりを見せている。最初の年に3200人が参加した<ジャパン・エキスポ>の2011年の入場者数が19万2000人だったといえば、その勢いの凄まじさをわかっていただけるだろうか。欧米だけではない。ブラジルでは年に2度<アニメ・フレンズ>が開催されている。インドでは2011年に<インド・アニメ・コンベンション>が幕を開け、2万人の入場者を集めた。中国では、2011年11月に日中両政府の共催で<日本アニメ・フェスティバル>が開幕したが、来年は国交正常化40周年とあって、さらなる盛り上がりが期待できそうだ。東南アジアでも、2007年にはじまったベトナムの<アクティブ・エクスポ>など、コスプレを中心に徐々にイベントの数が増えている。

cosplay_manga_anime05.jpg
<ジャパン・エキスポ>フランス・パリ 
cosplay_manga_anime06.jpg
<アクティブ・エクスポ>ベトナム・ハノイ 


 日本のポップカルチャーに詳しく、「ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命」の著者であるローランド・ケルツ氏が解説する。

「フランスで最初に火がつき、アメリカが後を追った。その後ろに、南米、スペイン、イギリスなどがついてきているという印象です」
 90年代にはステレオタイプ化することができた海外のアニメファンだが、2000年代中盤から一気に多様化した。たとえばアメリカの「アニメファン」といえば、アジア系アメリカ人や白人の男性が中心で、日本でいうところの「オタク」のイメージに近い若者が主流だった。
「今<ニューヨーク・アニメ・フェスティバル>では、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック、ヨーロッパ人が優勢で、むしろアメリカの白人は少数派になっています(ケルツ氏)」

cosplay_manga_anime07.jpg
<ニューヨーク・アニメ・フェスティバル>アメリカ・ニューヨーク 

 アメリカ最大のコンベンション、ロサンゼルスの<アニメ・エキスポ>を運営するソサイエティ・フォー・ザ・プロモーション・オブ・ジャパニーズ・アニメーション(SPJA)のCEOであるマーク・ペレス氏によると、西海岸では、2000年頃には圧倒的に多かった男性客の割合が、入場者の増加とともにどんどん低下し、今ではやや女性客のほうが多くなった。2011年には、過去最高の12万人を動員した。
「白人、ヒスパニックやネイティブ・アメリカンが多く、アジア系アメリカンが占める割合が低下しています(ペレス氏)」

cosplay_manga_anime08.jpg
<アニメ・エキスポ>アメリカ・ロサンジェルス 

 女性客が増えているのは、パリの<ジャパン・エキスポ>でも同様だ。創立者のひとりであるトマ・シルデ氏が語る。
「オープン当初は、参加者のほとんどが男性だった。2006年頃から音楽やファッションを通じて日本文化を発見した女性たちが急激に増え、今では少女漫画が小さなブームになりつつあります」

cosplay_manga_anime09.jpg
<ジャパン・エキスポ>フランス・パリ 


海外のアニメ・コンベンションが急速に広がっている理由に、若者たちの間でコスプレが圧倒的に支持されていること、そしてコスプレファンの間で、出会いの場、コミュニティが集まる場として機能していることがある。 「アメリカの田舎では、インターネットでアニメと出会った若者たちが、地元で仲間を探し、車を共同で借りて、アニメ・コンベンションに出かけていく。彼らが求めているのは、日常生活からの逃避です。コンベンションの開催期間中は、コスプレでキャラクターに扮することで、自分自身になることができる。そこには自分と同じことに興味をもった人たちで形成されるコミュニティがあって、理解しあうことができるのです(ケルツ氏)」
 週間アスキーの元総副編集長で、<Tokyo Kawaii Magazine>の編集長、福岡俊弘氏は2009年に初めてパリの<ジャパン・エキスポ>を訪れて以来、バルセロナ、マルセイユ、ニューヨーク、バルチモア、ロサンゼルスなど数々のコンベンションに足を運んできた。
「コスチュームに身を包んだ人々が電車に乗ってコンベンションに向かい、会場にはいたるところで撮影隊が写真を撮っている。日本のアニメ文化がこれだけ受け入れられていること、そしてその自由な雰囲気に驚きました」


日本のイベントといえば、コミックマーケット(コミケ)が代表的で、3日間で60万人を動員するが、同人誌販売が中心で、コスプレがメインではないのが大きな違い。海外のコンベンションでは、たとえば<アニメ・エクスポ>では参加者の75%が少なくとも1日はコスプレに参加するというくらい、コスプレ文化が浸透している。  海外でのコスプレブームに呼応する形で、日本でもコスプレ専門のイベントがある。2003年から名古屋で行われている<世界コスプレサミット>だ。ブラジルには<ワールド・コスプレ・サミット>という予選が行われているし、各地のコンベンションで予選を行うこともある。昨年は<世界コスプレサミット>の優勝者がベトナムを訪れたり、コスプレを通じた国際交流も盛んになってきた。

cosplay_manga_anime10.jpg
<世界コスプレサミット>日本・名古屋 

 海外でちょっとしたブームを巻き起こしているコスプレだが、国や地域によって、アプローチが微妙に違うのも興味深い。
「メリーランド州バルチモアで行われる<オタコン>では『鋼の錬金術師』のマスタング大佐が死ぬシーンを、電話ボックス付きのコスプレで表現している人が拍手喝采を浴びていた。パフォーマンス性が高いアメリカのファンに対し、パリのファンは、原作に対するリスペクトから、キャラクターに忠実であることをよしとする。パリとアメリカの間には、競争心のようなものもあるようですよ(福岡氏)」

cosplay_manga_anime11.jpg
<オタコン>アメリカ・ニューヨーク 

 お国柄が現れるのはコスプレだけではない。
「スペインでは2010年の書籍のベストセラー・ランキングの1位が村上春樹だったほどの日本ブームが起きている。アニメでは『クレヨンしんちゃん』が老若男女問わず知名度が高い。マルセイユでは、カラオケ大会がメインのイベントで、来場者たちがポケモンの主題歌を日本語で合唱する姿を目撃しました。また海外で最初に初音ミクの存在を感知したのは、ハワイの<カワイイコン>だったんです(福岡氏)」
 ニューヨークの<アニメ・フェスティバル>が、都会の日常のなかでふらりと出かける気楽なイベントである一方で、ロスの<アニメ・エクスポ>は、年に一度、気合を入れたコスプレイヤーたちが全米やカナダからやってくる巨大なお祭り。シアトルでは、若者から中年まで様々な世代がコスプレを楽しむ。パリでは<NARUTO-ナルト>や<ONE PIECE>、ロスでは<BLEACH>、<Axis Powers ヘタリア>というように、人気の作品も微妙に異なる。福岡氏のコメントからもわかるように、スペインの<サロン・デル・マンガ >では、「クレヨンしんちゃん」や「うる星やつら」など、懐かしいアニメのコスプレをしたスペイン人と会えるという。

cosplay_manga_anime12.jpg
<サロン・デル・マンガ>スペイン・バルセロナ 

 海外のファンたちは、漫画やアニメの情報をどうやって得ているのだろうか?
<ジャパン・エキスポ>のシルデ氏によると、フランスでは漫画作品が流行するためには、フランス語の翻訳版が出版される必要がある。一方、アメリカでは、合法な過程で流通に乗らなくても、インターネットを介して情報がやり取りされ、正式に英語化される前に火がつくこともある。
「アニメを視聴する人口は増えていますが、そのぶん、違法のメディアを無料で視聴する層も増えている。これはひとつの課題です(ペレス氏)」
「インターネットの力は大きい。オンラインのコミュニティが存在して、アニメがインターネットにアップされると、1日、2日という時間で字幕がつく。メジャーな流通に乗っていないからこそ、ソーシャルの力が働きやすいのかもしれません(福岡氏)」
 今のところ、前述したメジャー作品の人気が圧倒的とはいえ、現在日本で支持を集める「進撃の巨人」や「君に届け」などがアメリカでブレイクする日も遠くないのかもしれない。
 日本のアニメがこれだけ受け入れられる理由はなんなのだろうか。福岡氏は<オタコン>を訪れた際に、「NANA」の大ファンだというアフリカ系アメリカ人の女性に話を聞いた。
「聞いてみると、女性がはまれるエンターテイメントはアメリカには意外と少ないというんです。『NANA』は日本の物語ですが、田舎から都会に出る女性の成功物語であり、女性同士の友情や恋愛といったユニバーサルな要素がたくさんある」
「日本の漫画やアニメは、大人にも子供にもアピールする点を併せ持っている。アニメーションの側面が子供を惹きつけ、大人が楽しむためのストーリー性やアクションがある。アメコミとの最大の違いはそこです(ペレス氏)」。


アニメ・コンベンションの関係者たちは、将来をどう見通しているのだろうか。
「今後想像できるのは、日本のアニメに気がついたアメリカの映画スタジオが、たとえば宮崎駿氏のような日本のアニメのクリエーターとタッグを組むこと。日米共同の作品が見られるかもしれません(ケルツ氏)」
「クオリティの伴った拡大を目指しています。参加者が安心して楽しめると同時に、企業にもアピールするコンベンションとして成長していきたい(ペレス氏)」
 ファッション、音楽、食など、多岐にわたるプログラムで他のコンベンションと違う<ジャパン・エキスポ>のシルデ氏はこう語る。
「<ジャパン・エキスポ>の入場者の大半はアニメファンですが、アニメを通じて日本文化と出会い、日本のことをもっと知りたいと望むファンも多い。アニメ以外の文化に興味を持ってもらうことがひとつの目標です」


cosplay_manga_anime01.jpgローランド・ケルツ
アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、アメリカと日本で育つ。オーバリン大学、コロンビア大学を卒業後、ニューヨーク大学、ラトガーズ大学、バーナード大学などの教壇に立つ。アメリカでは「プレイボーイ」「サロン」「ヴィレッジ・ヴォイス」「コスモポリタン」「ヴォーグ」などの雑誌や新聞に寄稿する。現在は東京とニューヨークを数ヶ月ずつ行ったり来たりしている。著書に「ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命」がある。http://japanamerica.blogspot.com/

wihte.jpg

cosplay_manga_anime02.jpgトマ・シルデ
1979年フランス生まれ。ビジネス・スクールを卒業後、音楽系出版社勤務を経て、複数のパートナーとともに<ジャパン・エクスポ>の創設にかかわり、2000年の第一回開催に尽力する。2004年には漫画の出版社<Taïfu Comics>を、2009年にはポップ・カルチャーのイベント<コミック・コン・パリ>を創立するなど精力的に活動する。現在は<ジャパン・エクスポ>のバイス・プレジデントを務める。http://www.japan-expo.com/

wihte.jpg

cosplay_manga_anime03.jpgマーク・ペレス
大学時代に友人の誘いでアニメのクラブに参加して<カウボーイビバップ>と出会ってアニメに興味を持ち、2002年から<アニメ・エクスポ>にボランティアとして参加。2004年からスタッフに加わり、2007年には<アニメ・エクスポ>を運営するソサイエティ・フォー・ザ・プロモーション・オブ・ジャパニーズ・アニメーション(SPJA)の役員会に迎えられ、2009年にCEOに就任。2010年に一度CEO職を退いたが、2011年に復職した。http://www.spja.org/

wihte.jpg

福岡俊弘
1957年生まれ。1989年アスキー(現:アスキー・メディアワークス)入社。 92 年よりパソコン情報誌「 EYE ・ COM 」編集長。 97年から『週刊アスキー』編集長を務めたほか、ふたつの雑誌の創刊にも携わる。2003年からは同誌編集人。現在はiPhoneで読む海外向けの雑誌アプリ<Tokyo Kawaii Magazin
e>の編集長を務める。